メニュー
活動報告一覧 ]

コミュニケーション学狂学会の開催

第2学年に対するコミュニケーション学兇慮学会が11月2日(金)に行われ、
8名のP−Comメンバーの方にご参加いただきました。

今回は、患者さんの立場になり、自分が治療に期待することを決め、その期待
に対する喜び、怒りといった感情になるのはどういう状況かを考える「期待と感
情の認知を学ぶ」というトレーニングの発表見学と、今の自分にどのような気持
ちや感情が生じているのかを理解するために 「動物にたとえた自己カウンセリ
ング」 というテーマの自己カウンセリングの授業を見学して頂きました。