メニュー
活動報告一覧 ]

−平成24年−市民公開講座全5回シリーズ 第1回

【平成24年7月7日】
『スポーツ・健康への歯科からのアプローチ』
講師 東京歯科大学スポーツ歯学研究室 准教授 武田友孝先生


  心身の健康におけるスポーツ、運動の果たす役割は少なくないものと思われ
ます。 昨年施行された“スポーツ基本法”にも心身の健全な発達、健康及び体
力の保持増進、精神的な充足感の獲得、自律心その他の精神の涵 (かん) 養
等のために 国民はスポーツを行う必要があるとし、我が国はスポーツ立国を目
指すと明言されています。また、第十四条のスポーツ事故の防止ではスポーツ
用具の適切な使用に係る知識の啓発、第十六条では医科、歯科、生理学、心
理学、力学などの諸科学を総合してスポーツに関する科学的研究の推進を行う
とされています。 歯科においてもマウスガードを中心とした事故の防止・軽減、
スポーツにおける未知なる部分の解明に貢献してゆかねばなりません。特に重
要な問題として、より適切なマウスガードの開発・普及、口腔と全身との関連に
関する問題としてのかみ合わせの運動機能、平衡機能(転倒防止)への影響、
咀嚼の脳活性、 ストレスとへの効果等について早急な検討・情報の提供が必
要と考えております。(参加者49名)



会場:東京歯科大学千葉校舎 教養棟第5教室