メニュー
活動報告一覧 ]

−平成28年度−市民公開講座全5回シリーズ 第5回

【平成28年10月30日】

「なぜ梅干しを食べるとツバが出る?口の働きと密接にかかわる脳機能」   生理学講座 澁川 義幸 准教授

 今回は、「なぜ梅干しを食べるとツバが出る?」をテーマに、口の働きと密接にかかわる脳機能についてお話をさせていただきました。唾液分泌に関する条件反射と唾液分泌反射の違い、また口の動きをコントロールする様々な「反射機能」、そしてミラーニューロンによる口を使った社会的コミュニケーション機構の一端を解説させていただきました。お口は、食物を噛み(咀嚼)、唾液と混ぜ、それらを飲み込む(嚥下)という機能を持つだけではなく、言語を発し(発音)あるいは笑顔を作る事で(表情)、社会的コミュニケーションを作り出します。口の重要性をご理解いただけたとしたら幸いです。

会場:東京歯科大学水道橋校舎 新館11階第1講義室