メニュー
活動報告一覧 ]

−平成27年−市民公開講座全5回シリーズ 第4回

【平成27年10月31日】
『医療の形を変える!?3Dプリンターのはなし』
                    講師 解剖学講座 松永 智


 コンピュータ技術と歯科が結びついたことによって、診療の風景も変わってきました。デジタル機器を駆使することで、これまで理解するのが困難だった様々な医療情報を得ることができるようになり、患者さんの安全や満足につながる新しい治療法も開発されています。特に3Dプリンターは、歯科との親和性も高く、近い将来多くの歯科医院で導入されることになるでしょう。今回の市民講座では、3Dプリンターをはじめとするデジタル機器の開発と普及によって、近い将来に歯科医療がどう変わっていくかについてお話ししました。お越しになられた方々が皆さま熱心で、新しい歯科医療に期待してくださっているという手ごたえを感じ、微力ながらこれからも頑張ってより良い歯科医療の礎をつくるために頑張っていきたいと思いました。






  会場:東京歯科大学水道橋校舎 新館11階第1講義室