メニュー
活動報告一覧 ]

−平成27年−市民公開講座全5回シリーズ 第3回

 【平成27年10月24日】
『“スペシャルニーズ”に応えます!〜障がい者歯科と痛みの治療〜』
            講師 口腔健康科学講座 障害者歯科・口腔顔面痛研究室  石岡みずき


 今回は“障害者歯科”という一般の方にはあまり馴染みのないテーマだったにも関わらず、近隣開業医の先生や市民の方、さらに熱心な学生さんたちにも参加いただき、当初の予想よりは活気ある会となりました。足を運んで下さった方、ご尽力いただいたスタッフの方々に感謝申し上げます。
 障害のある人もない人も、社会の中でそれぞれの生きがいを持って生きられる社会が提唱され、ノーマライゼーションやバリアフリーといった言葉が世にでてから久しい今日ですが、障害者歯科診療に携わっております立場からは、まだまだ多くの課題が残されていると感じます。
 そんな日々の体験から、特に障害のある人の感じ方への配慮やご家族の気持ちをイメージすることの大切さを考えていただきたいと考え、実際の症例をいくつかご紹介しました。また、理解力に問題のある患者さんに多い『歯医者が苦手』、『治療が難しい』という方への対策に焦点を当ててお話をさせていただきました。
 終了後、会場からは特に高齢で障害のある方への口腔ケアや管理についての質問があり、今後の市民公開講座のテーマに繋げていただければと感じました。






  会場:東京歯科大学水道橋校舎 新館11階第1講義室